用途にあった選択

土嚢

保管しやすいこと

日本の急激な気候変化により、天気予報では毎年のように数十年に一度の豪雨といった表現を耳にする機会が増えています。それだけ、予想ができない状況になってきており、災害に対する備えも考え方を変える時期が来ているのかもしれません。各自治体ごとに対策が行われているものの、いざというときには各企業、家庭ごとに迅速にできる体制を整えておくことが、少しでも被害を少なく食い止めるための最善の方法とも言えます。こうした中で、予想を超えた大雨による河川の氾濫の際に、家財や備品類を適切に守るためには、素早く堰を作ることが大切になります。そのためには、入り口などの扉部分に土のう袋を積み上げることで、水の侵入を防ぐことができます。土のう袋は通常は土や砂を入れて重みをもたせ、さらに水を吸うことで強固なものにすることができます。しかし、これらは20kgなどの重量があるため、工事担当者など力がある人は良いものの、女性や老人にはかなり負担の大きなものといえます。緊急災害の場合、必ずしもこうした力を持った人がいるとは限らず、高齢者社会ではなおさら確率は低くなります。その為、こうした環境にも対応可能な、吸水ポリマー式の土のう袋も登場しており、水を入れることではじめて重みが発生するようになっています。これにより、普段は保管スペースを確保しやすくなっており、身近に土のう袋を置いておくことができるため、いざというときにもすぐに対応が可能になります。

Copyright© 2018 機能性の高いスタンド席を使おう【安全性が高い】 All Rights Reserved.